« 昭和記念公園 | Main | うちの子記念日 »

October 05, 2011

衝撃の事実

先月、白内障と診断され治療は手術のみと言われました。
今のところ手術をする気はないけれど
もう少し詳しく診てもらいたいと思い
eyeに詳しい病院に予約を入れ、昨日行ってきました。

   
結果・・・

白内障
  リッキーの白内障はかなり進んでいて
  右目は全く見えてなく左目も光を感じるくらい。
  普通に生活しているのが不思議です!と驚かれてしまいました。


因みに手術はできる状態(できない場合もあるらしい)
手術で視力は回復するけれど、その後安静にできず
再発する場合もあるそうです。

参考までに早期発見の場合、目薬の効果を聞いたところ
もちろん治るわけではなく進行を遅らせるだけ。
それもその子によって進行の速度も違うので
目薬の効果があったかどうかは正直わからないそう。

この病院では抗酸化剤を処方するそうです。
だから抗酸化作用のあるサプリや食べ物は効果があるってことかな?

半分覚悟はしていたもののやっぱりショック・・・・
でもそれよりショックだったのは実は他の病気もあったって事。


ひとつは

眼瞼炎(がんけんえん)
  まぶたのまわりの皮膚炎で赤く腫れたり毛が抜ける

  まぶたが腫れているので目までの距離が遠いらしい。
  確かにリッキーの目ってはれぼったいけど
  一時期アトピーがひどかった頃と比べれば
  落ち着いているのでそういうものだと思ってたwobbly
  眼瞼炎の症状は調べてみると以前のリッキーにそのままあてはまる。
  当時はアレルギーの事ばかり調べていて
  目の病気だなんて全然気付かなかった。
  思い込みって恐ろしいよね・・・ごめんねリッキー・・・。 

  たまたま普段使っている目薬が眼瞼炎にも効くものだったのが
  不幸中の幸いだったみたい。


そしてもうひとつ

ぶどう膜炎
  ぶどう膜とは脈絡膜、毛様体、虹彩の三つの総称
  この組織に炎症がおこること

  緑内障を併発することがあるらしいけど
  リッキーの眼圧は正常でした。


結局白内障に対しては何もできず、手術は本当に見えなくなった時に
リッキーがどんな様子かでまた考えようと思います。
眼瞼炎とぶどう膜炎は目薬と軟膏を処方してもらいました。

余談ですが
診察中リッキーはとてもおとなしかったので
ミニピンで口輪をしないで診察できた子ははじめてですって
誉められちゃいましたheartやっぱりミニピンってみんなやんちゃなのね(笑)

            

                                                      

この病院うちから片道3km
昨日はお天気が良かったのでお散歩がてらぶらぶら
往復6kmの距離をるんるん歩く姿を見てると
とてもそこまで見えないとは思えない!

リッキーって実は隠れた能力を持ってるのかなぁconfident

111004


今回は「覚書」ってことでコメントはお休みです。
長文読んで下さってありがとうございました。

|

« 昭和記念公園 | Main | うちの子記念日 »