« 冬の朝 | Main | 吾妻山公園 »

February 06, 2012

このまま

先週、手術を考えるために検査をしてきました。


hospital2月1日(水) 9:00に病院に預けて16:30にお迎え

網膜電位図検査(ERG)
  網膜に光刺激を与え電位変化を記録し
  その波形で網膜の機能を判断するものらしい

結果
  リッキーの網膜は弱っているけれど
  手術はできない事はないという中途半端なもの。


hospital2月4日(土) パパと一緒に手術の説明を聞く

手術方法はもちろん
白内障の手術は手術そのものよりも術後の管理が大変な事
一度は見えるようになるけれどずっと見えるとは限らない事
白内障の手術を受けても緑内障になる可能性はあるという事
など細かく説明していただきました。


先生からは

「積極的に手術を望むのであれば手術は可能です。
 一度は見えるようになるけれど
 網膜の弱っている原因はわからないので
 見える期間は短いかもしれない。
 
 半日預かって様子を見ましたが
 元気にご飯も食べているし
 平気でぴょんぴょん動いているので
 この子はそんなに不自由していないかもしれません。」

と言われました。
前回はどちらかというと手術をすすめていたけれど
網膜の状態がいまいちだったのと
リッキーの行動を見て考えが変わった様子。

実は前回、ぶどう膜炎から緑内障になって
眼圧コントロールができなくなったら
すでに見えていない眼なので痛みをなくすために
眼球摘出することになるかもweepなんて怖い話もされて・・・。
その可能性は残されたままだけど・・・。


もともと手術には積極的ではないし
緑内障の可能性もなくならないみたいだし
もう一度見えるようにしてあげたいっていう気持ちはあるものの
確かにリッキー、まったく見えてないわりには普通に生活できている。

この数カ月いろいろな事を考えてずっと悩んできたけれど

手術はしないことに決めました。 

結局最初に考えていたとおり定期的に眼医者に通って
ぶどう膜炎がひどくならないような治療をしていく事にしました。


この日のリッキー、1時間の説明を受けて
外に出ると元気一杯すごい勢いで歩いて
3kmの道のりを30分で帰ってきましたdash

こんなに元気だよってアピールだったのかな(笑)


少し前に行った鎌倉でも平気で歩いていたものね。

1102061


リッキーの好きな険しい道はさすがにもう歩けないけど
平坦な道は今まで通りのスピードで歩くし
階段でも声をかけてあげるとちゃんと確認して降りるし
家のソファに上がる時も鼻で確かめてからジャンプしてる。

時々どこ行っちゃうの?ってこともあるけれど(笑)
リッキーの細かいことは気にしない?性格が
本当に救いですheart


リッキーの事、心配して下さっていた皆様
いつも読んで頂いてありがとうございますheart02


コメントはお休みですbleah

|

« 冬の朝 | Main | 吾妻山公園 »